Greatness dental healing

インビザラインを利用するなら|笑顔に自信が甦る

経験豊富な専門医を選ぶ

様々なことを考慮し選ぶ

歯型

入れ歯を検討されている方、いろいろ種類があり過ぎてどれにすればいいのかわからない、費用はどのくらいかかるのかなど悩むことが多いようです。まずは入れ歯の種類ですが歯をすべて失った場合は総入れ歯、残った歯を利用し固定させる部分入れ歯があります。東京では義歯専門のクリニックもありますので探してみてください。費用についてですが、保険内と保険外があり費用の相場や入れ歯自体の性能も変わってきます。保険内の場合、使う材料や素材、技術などに限りがあり見た目や耐久性よりもコストを優先したものになります。約1カ月程度と作成時間が短い、修理・調整がしやすいなどのメリットもありますが、厚みがあるので違和感を感じる場合も多いです。東京では経験豊富な専門医がいるところ、無料の電話相談をしているところなどありますので自分に合ったところを選びましょう。保険適用外の場合、薄くて強度のある素材や目立ちにくい素材などつけ心地や見た目の良さで選ぶことが出来ます。その場合、費用が高くなったり、出来上がるまで時間がかかったりする場合もありますので注意が必要です。東京で義歯専門のクリニックも多数ありますのでネットで評判などをチェックの上、予約することをお勧めします。具体的な費用の相場ですが、部分入れ歯の場合保険適用で約5千円以上、適用外で約15万円以上、総入れ歯の場合、保険適用で約15万円以上、適用外で30万円以上が相場です。保険適用外の場合、材質や耐久性に治療の内容によって費用が違ってきますので確認が必要です。ネット上で予約が出来る東京のクリニックもありますので調べてみてください。

多彩な治療法が選べます

歯型

歯の抜けた箇所をそのままにしておくと、噛みあわせが悪くなったり両隣の歯が倒れてきたりと新たなトラブルを引き起こしてしまいます。そのため、抜けた部分を補うために東京の歯科医院ではさまざまな治療を行っています。失った歯の代替といえば代表的なのが「入れ歯」です。入れ歯には総入れ歯と部分入れ歯があります。いずれも保険適用になるものと自費治療のものがあり、保険適用のものは安価で気軽なので東京でも多くの人が使用しています。一方自費治療のものは、使用感にこだわり快適に使えるという特徴があります。部分入れ歯は、ばねを使って両隣の歯に引っ掛けて装着するもの。取り外しができてお手入れも簡単ですが、ズレることがあるなど使用感の点でやや劣ります。これに対し「ブリッジ」は、セメントで固定するので部分入れ歯のようにズレる心配はありません。ただし両隣の健康な歯を削る必要があるのが難点です。親知らずが生えている人の場合、これを抜いて歯の抜けたところに移植するという方法もあり、東京の歯科医院でも対応しているところがあります。うまくいけば再び天然の歯で噛むことができるようになること、自分の歯なので拒絶反応がないことなどがメリットです。ただし大きさがちょうどよい歯がなかなかないという問題があります。もうひとつの方法はインプラントです。これは人工の歯根を埋め込み人工の歯を装着するもの。自費治療なので費用は高額ですが、見た目も噛む力も天然の歯に近いということで注目されており、東京の歯科でも対応するところが多くなっています。

歯茎を傷付けないコツ

歯型

加齢や交通事故などが原因で多くの歯が抜けてしまった際には、東京の歯医者で自分の口内に合う入れ歯を作ってもらってください。アゴの形や舌の大きさなどに合わせて入れ歯を作らないと、食事中に間違って舌を噛んでしまう事もあるからこそ、東京の歯医者では細かい検査を繰り返してくれます。これから初めて入れ歯を装着するという人は、東京の歯医者のアドバイスをよく聞いて、メンテナンスの方法なども覚えるようにしてください。少しサイズが合わないと感じた際には、無理に装着し続けるような事はせずに、サイズの調整を医師にお願いする事も忘れてはいけません。入れ歯のサイズ調整というのは短時間で行う事もできますから、無理して入れ歯を使い続けてしまい、口内を傷つけたり歯並びが悪化しないように注意が必要です。東京の歯医者ではアゴの形が悪くなっている人に合わせて、左右の歯のバランスを変えた入れ歯を作り上げてくれます。左右のどちらかの歯で食べ物を噛んだ時に、少し違和感がある時にはバランス調整をやり直してもらう事も意識してください。汚れの落としやすさを重視した入れ歯を作ってもらえるために、以前と比べて口臭が酷くなってしまったと悩まされずに済みます。もし口臭が気になってしまった時にも、東京の歯医者に相談をする事を忘れないようにすれば、入れ歯を作る以前よりも口内を快適に保つ事も夢ではありません。ちょっとした違和感を覚えるたびに医師に相談をする事が、入れ歯を快適に使うためには重要です。